加工サンプル

  • 材 質SUS(ステンレス)1.5
    大きさΦ120×H340mm
    用 途医療器機部品
  • 材 質SPC(鉄系)3.2mm
    大きさΦ150×H175mm
    用 途建築用部品
  • 材 質A1050(アルミニウム)1.0
    大きさΦ600×H200mm
    用 途外套用部品
  • 材 質SUS(ステンレス)1.5
    大きさΦ400×H180mm
    用 途手洗い器
  • 材 質A1050(アルミニウム)1.5
    大きさΦ120×H340mm
    用 途照明器具
  • 材 質SUS(ステンレス)1.5
    大きさΦ280×H300mm
    用 途環境機器ダクト接続口
  • 材 質A1050(アルミニウム)1.5
    大きさΦ500×H340mm
    用 途換気用部品
  • 材 質SUS(ステンレス)1.5
    大きさΦ280×H40mm
    用 途照明器具
  • へら絞り→レーザー加工

ヘラ絞り加工

ヘラ絞りとは?

ヘラ棒を回転する鉄板と型に押し当てて、鉄板を変形させる技術です。

ヘラ絞り製品分野

ヘラ絞り加工製品は、高価な金型不要のため、多品種少量生産に最適です。
工業製品から汎用品まで、あらゆる分野で重宝されています。

ヘラ絞り加工のメリット
(プレス加工との比較)

対象形状 ヘラ絞り工法 プレス工法
 
加工面

加工面
金 型雄型のみで加工可能
(イニシャルコストダウン)
多種変量生産に最適
雄・雌両型が必要
(イニシャルコストUP)
大量清算向
深絞り円筒形状基本的に
1工程で製作可能
多工程かかる。
中間工程(焼鈍)必要
円錐形・
放物線形のような曲線形状
形状精度・表面仕上げ度・・・
工程数少ない・・・低コスト
形状精度・表面仕上げ度・・・
工程数多い・・・コスト高い
その他回転成形の為、
1チャッキングで複合加工が可能
(例:トリミング、カーリング等)
複合加工不可

価格比較
(テーパー形状)

  ヘラ絞り工法 プレス工法
金 型 50,000円 700,000円
工程数 2工程 6工程
加工時間 450秒 160秒
(段取替不含)
10ロット
※1ケあたりのコスト
(金型代含む)
6,500円 150,000円
100ロット
※1ケあたりのコスト
(金型代含む)
1,500円 12,000円
1000ロット
※1ケあたりのコスト
(金型代含む)
750円 1,000円

(注)こちらの金額はあくまでも参考です。形状、材質により金額は異なります。